自分の内なる野性を取り戻す時間

 

 

2日目の朝。

 

リビングに行くと、スタッフが

たっぷりの朝食とコーヒーを用意してくれる。

 

NZらしく、マヌカハニーもついてくるのが最高!

 

朝から夏らしく天気がいいので、日向ぼっこをしつつ

スローなブレックファスト・タイム。

 

 

旅の長時間移動のあとは、マッサージとか受けて

身体を整えたい気持ちになるのだけど

今回は、お日様と、草木や花々、そして

ここロンゴのカラフルなバイブレーションで、

かってに緩んでいった感じ。

 

人の手による癒しも個人的には好きなのだけど、

場所や空間のもつ癒しの力って、本当にすごい。

 

陽の光とカラメアの風を、心地よさそうに

浴びているタオル君までも、なんだか幸せそう。笑

 

 

特にここカラメアは、すべてが躍動的で鮮やかで

みずみずしく煌めいていて、いのちの振動が感じられて

まさにVibrantという言葉がぴったりの地。

 

 

朝ごはんを食べた後も、しかちゃんと何時間も

おしゃべりをしていた時、スタッフが笑顔で

私たちの元へ来ました。

 

「君たちにGood Newsがあるよ〜^^」

 

その瞬間、ピンと来た私たち!

 

空港でMissingだったスーツケースが届いた〜!

 

すでに、身軽な生活には慣れていたものの

持って来たものが手元に来ると、それはそれで

すごく嬉しい☆

 

 

その後、特になんの予定もなかったので

せっかくの夏だし、スーツケースに入ってた

水着も使えるから、ビーチに泳ぎに行ってきました。

 

人が全くいない、ほぼプライベートビーチ。

 

いるのは鳥たちと魚たちだけなので

着ていた水着さえも思い切って脱いで

透き通った水と戯れながら

穏やかな波にゆらゆら身を委ねてみる。

 

 

太陽と水が与えてくれる開放感と

海との一体感を味わい尽くす時間。

 

 

 

最近は、自然の中に身を置くだけで、

勝手に自分に必要なヒーリングが始まるし

そのプロセスがまた好き。

 

今回も、まだここに来て2日目なのに、

自分の中に、野性のようなものが

じわじわと戻ってきたのがわかりました。

 

 

カラメアマジック、おそるべし☆

 

 

「人間と自然」という分離された関係ではなくて

本来は、「自然」の一部である「人間」。

 

 

こうして大自然に触れながら

自分が自然の一部だったんだということを

思い出す時間が、今の私にとっては

なによりも大事なんだなぁ。

 

 

(続きはこちら

 

 

 

 

 

 

 

1 返信

トラックバック & ピングバック

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です