投稿

インテグレートヒーリング

セッション後の変化について

こんにちは。

Vibrant AvenueのHiromiです。

 

早いもので、もう4月も半ば。^^

どこも桜が満開で美しいですね〜☆

 

日本人でよかったーと思える季節です。

 

もう厚手のコートもブーツも要らず

なんだか身が軽くなった気分。

 

 

最近は、個人セッションに加えて

都内にある整体サロンの技術研修や

店舗リニューアル作業を請け負ってるので

電車移動の多い日々を送っています。

 

東京は、朝だけでなくて

夜遅くも満員電車なのですね〜。^^;

 

サンフランシスコに住んでいたときは

あれに乗って通勤するという生活は

まさか考えられなかったけど、、、

最近はかなり慣れてきました。(麻痺か?笑)

 

 

 

 

さて。

 

キネシオロジー(Integrated Healing)に関してですが

何人もの方に、セッション後の感想を頂いてるものの

なかなか紹介できないままになっていたので

今日は、久々に一つ紹介させてもらいますね。

 

********************

 

こんばんは☆
お忙しい中、返信していただきありがとうございます!

 

あれから目まぐるしく色んな事が起こっていて
乱れたり、また冷静になって観察したり、、、を
繰り返していました。

そしたらあっと言うまに2週間経ってたがな!
っていう感じです。

ここ1週間くらいは、ずっとインナーチャイルドと
向き合う作業をしていた毎日でした。

正直凄く苦しかったです。
両親ともどう接したらいいのか全然分からなくて。

憎しみが先立って、距離を置くのがやっとでした。
でも、それもようやく落ち着いてきたかなぁ。
両親との事は、今すぐ変わらなくても
少しずつ変わっていけばいいなぁと思っています。

 

セッションから暫くの間はやる気が起こらなくなるのは
よくある事なのですね。安心しました。

昨日ぐらいから、なんとなく気持ちが
楽になってきたように感じていて。

そしたら それに伴って、今までの自分を
客観的に見れるようになってきました。

 

やる気がなくなった事に対する焦りも薄れてきたし
「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」っていう
「やりたい事」っていう仮面を被った
脅迫観念みたいなものが
無くなってきたみたいなんです。
無くなったというか、手放したというか。

 

少しずつ気持ちが楽になることで
いかに今まで自分で自分をがんじがらめに
していたかを痛感しました。

こだわりや、凝り固まった思考の中で
同じ場所をぐるぐる回っていたら、
そりゃ苦しくもなりますよね。
楽しめるわけがない。

 

本来、自分は自由な人間なんだって思っていたけど、
自由っていうのは、束縛されない事や
誰にも邪魔されないでいる事ではないんですね。

本当の意味で、自分らしい「自由」っていう感覚を
取り戻せそうな気がします。

 

キネシオロジーって、自分が想定している範囲外で
変化が起こるんですね。
セッションを受けた後は、正直期待もあったし
どこかで「私はこの後こんな風に変わって、
こんな風に夢を叶えて理想の姿になっていく」
そんな風にサクセスストーリーを妄想していて。

 

でも、なんか違いました。
私が想像していた事なんて、たかが知れてました(笑)

 

きっと、もっと大きな世界で色んな事を
巻き込んで変わっていくんでしょうね。

 

細胞が日々生まれ変わり、変化していくような繊細さで。

 

IH(インテグレート・ヒーリング)は、
私の心にガチガチに絡まっていた糸を
スルスルと解してくれたような感じです。
そして、一旦バラバラになった。

私の心は、自分軸ではないものや
自分らしくないもので出来た接着剤で
無理やりくっつけられて、
騙し騙しきた感じだったんだと思います。
そりゃ、柔らかいわけがないよなぁと。

 

心が柔らかさを取り戻し始めたいま
未来に対して ほんの少しワクワクしています。
いままでのように、気張った感じではなく
とても自然な感じで。

 

 

私はひろみさんを、セッション中はずっと
旅の相棒だと思っていました(笑)
色んな方々の旅の相棒は、大変だと思うけど
きっと素晴らしい感動の瞬間に立ち会う事も
多いと思います。

ひろみさん、これから益々忙しくなると思いますが
体に気をつけて キネシのセッションを
存分に楽しんでくださいね。

 

また何かあったらメールします。

 

それでは☆

hug♪

 

************************

 

IHのセッションでは、その方の潜在意識から

今一番大切なテーマや目標をピックアップします。

 

それに関して、深い部分で足かせになっている

プログラムを特定していくのですが

筋肉反射テストを使ってみていくと

「インナーチャイルドの癒し」が選ばれることも

ちょこちょこあります。

 

これが出ると、セッションのあと数日間とかは

ちょっと普段より感情的になることもありますが

それは、実はとっても自然なこと。

 

インナーチャイルドの声というのは

これまで長い間、自分の中で抑圧していた感情。

 

これを感じることを自分に許し

その感情を受け入れ、感じ切ったときに

自分の中で大きな癒しが起こります。

 

でも、そうは言っても、、、

この作業、結構辛いことも。

 

なので、セッションの後

いつもより感情的になっているときは

その感情をしっかりと感じつつも

感情のドラマにはまって抜け出せなくなる前に

一歩引いたところから、そんな自分をも

観察してみるのもいいと思います。

 

例えば、「私は怒っている!!!」

という風に感情と一体化する方法から

「怒りを感じている自分がいるなぁ。」

という観察に切り替えてみるとかね。^^

 

 

自分の心にわき起こる荒波を感じつつも

一方では、ちょっと上空のあたりから

それを冷静に観察するということも

理性と感情のバランスを取る上では

大切なのです。

 

 

あと、この方が書いているみたいに

セッションのあとに一時的にやる気がなくなることも

時々あります。

 

エネルギーの方向性が変わると、過去に自分が

「こうしよう!」と思っていたことに対して

執着がなくなるのですよね。

 

 

私のセッションでは、目標を作るとき

「行動目標」というよりは

「在り方の目標」を大切にします。

 

「在り方」の方向性が定まったら

行動は自然についてくると捉えているから。

 

なので「行動目標」を決めてしまうよりも

変化においては柔軟だし、自由度が高い☆

 

 

これからも、来てくださる方が

少しでも、自分が本来進みたい道を

サポートできるように、私も日々

精進しようと思います。

 

 

長くなりましたが、今日も読んでくださってありがとう!

 

 

Hiromi