食べ物を実らせてくれるアースシップ

 

今回は、アースシップの6つのエッセンスのうちの一つ、

「ハウスでの食料の自給」について紹介しますね。

 

サンルームのジャングルとFOOD

 

 

リビングやダイニング、寝室をつないでいる

廊下も兼ねたアースシップのサンルームは

まるで温室のように暖かい場所。

 

ここでは、いろんな野菜やトロピカルなフルーツが、

太陽の光を浴びて育っています!

 

今回行った時は、前にステイしてた人たちが

たくさん収穫した後だったかもしれなくて、

あまり沢山の収穫物はなかったのだけど

プチトマトはまだたくさんありました!

 

まぁ、これだけだと足りないので、食べ物は

近所のオーガニックスーパーで買い足して

過ごしていたんだけどね。^^;

 

 

こちらは、私が大好きなキンレンカ。

 

目の前を通るたびに、葉っぱを一枚ちぎって食べてた。笑

 

 

薬草でもあるこの葉は、わさびにも似た

ピリッとした爽やかな辛味があるので、

ニンジンで作ったヴィーガン巻きに

お醤油とキンレンカをつけて食べると

超おいしかったーー♡

 

 

他のアースシップでは、ブロッコリー、きゅうり、

ピーマン、パプリカ、きのこ、なすなどの野菜や

メロン、イチゴ、イチジク、パイナップル、ぶどう、

バナナなどのフルーツもすくすくと育っているそう。

 

この辺りのアースシップで暮らしている人たちは

たくさん収穫できた分は、乾燥させたり

ジャムにしたりして保存食にしているんですって。

 

 

植物とグレイウォーター

 

 

*アースシップにおける水の循環については

こちらの記事に書いています。

 

これらの野菜を育てるのに使われる水は、

キッチンやシャワーから出るグレイウォーター。

 

(注)図はマイケル氏にいただいたもの

 

植物が栽培されているボタニカルセルの土の下に、

グレイウォーターの水路が通っています。

 

水槽は、幅1m、深さもだいたい1mほど。

 

いくつかある水槽の深さを変えることで

根が浅い野菜類と、根が深くまで伸びる木を、

別々のセルで育てることもできます。

 

 

バスルームにも、こうして植物が育っているのは

とっても素敵☆

 

 

トイレに座ると、目の前にこの光景。

 

いただいた食事が、私を通って、またこれらの

植物の養分になるのが、実感として湧いてくる。

 

生態系の循環の中で生かされているのを感じると

なぜか毎回、ヒーリングが身体中で起こる私。

 

 

Life is COMPOST!!

 

 

ちなみに、、、

 

コンポストについては、アースシップでなくても

一般の家庭の台所でもできるし、庭があれば

コンポストからできた土をそこに蒔けばOK。

 

また、トイレについても、アースシップのような

水洗トイレは難しくても、コンポストトイレなら、

庭に設置するのも不可能ではないこと。

 

それぞれが、今のライフスタイルの中に

コンポストのシステムをカジュアルに

取り入れるのが、一番よい☆

 

ただ、アースシップで実際に体験したような

不便や我慢のない近代的なライフスタイルも、

ほんとーーに快適で、これも素晴らしい。

 

サステイナブルな暮らしにおいても

いろんなチョイスがあるって、いいな〜!^^

 

 

 

PS:  以前、ミネソタ大学が、食料安全基準の点から

アースシップのサンルームで栽培されている

野菜やフルーツをテストしたら、安全の基準は

普通にクリアしたみたい。

 

(つづく)

 

1 返信

トラックバック & ピングバック

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です