アースシップと電気

 

 

2月の寒い冬に敢えて訪問した、ニューメキシコ州

タオスにあるアースシップ。

 

予想はしていたけど、予想を超えた量の雪が降る中

ここぞとばかりに、家の仕組みを色々と見てきました。

 

今回は、アースシップでのオフグリッド生活を

可能にしている、電気の供給について

シェアしますね。

 

太陽から電気をまかなう暮らし

 

アースシップの屋根の南面には、ソーラーパネルが

ずらりとたくさん取り付けられていて、

家そのものが電力を「収穫」してくれます。

 

ちなみに屋根の上部というと、雨水をキャッチするための

仕掛けがあるので、そこにはソーラーはついていません。

 

 

周囲に高い建物もなければ、山も離れているので

太陽が出ている日においては、日当たりは最高。

 

ソーラーパネルで発電した電力は、バッテリーに

蓄電されるため、そのバッテリーも見せてもらいました。

 

今回は、最初の2泊は2016年に完成した

Pictures Earthshipに泊まり、

後半2日は移動して、2015年モデルの

Waybee Earthshipに泊まったので

両方のバッテリーシステムをチェック。

 

*どちらも2ベッドのスタンダードモデルなので

家のサイズは同じくらい。

 

 

どちらの家にもこのような装置がつけられていて

さらに建てられた年は一年しか変わらないのに

システム自体は、新しい家の方が進化しているそう!

 

世界中にアースシップを常に建て続けることで

年々改良が重ねられて、よりよいモデルを

生み続けられるというのは、本当に素晴らしいと思います。

 

 

アースシップと風力発電

 

タオスのアースシップでは、メインとして

ソーラー発電が使われているけれど、

風力発電にも力を入れています。

 

タオスでは、どの家もソーラーパネルはついているけど

風力タービンは、ついてる家とついてない家が

見られました。

 

 

風力発電にいたっては、独自の発電機をつくり

家の一部として、どんなアースシップにも

取り付けられるようになっているのだそう。

 

 

こちらのタービンは、すでに開発当初から4代目で、

通常のプロペラのものと違って、垂直方向のシステムで

さらに音も静かなのだそう。

 

ここでもアースシップらしく、タイヤが

システムの一部に組み込まれています。

 

しかも、廃棄物でデコレーションまでされてて可愛い。^^

 

 

アースシップとガス

 

 

私たちが泊まったアースシップのキッチンでは

実は、ガス調理器も使われていました。

 

自家製(?)のガスではないため、厳密にいうと、

このモデルは、オフグリッドではないんです。

 

マイケル曰く、人は電気よりも火で調理したい

という、本能的な欲求があるから、

ここでは敢えて、ガス供給会社からのガスを

使っているとのこと。

 

 

さらに、雪の日が続くタオスで、ある朝

シャワーを浴びていたら、どこからか

割と大きな異音が聞こえてきました。

 

マイケルに確認すると、これはシャワーの

温水を作るのに、ガスが使われている

サインなのだそう。

 

晴れの日は、2~3人がシャワーを浴びてもOKだけど

曇りの日に、二人が同時にシャワーを浴びると、

温水が足りなくなることがあり、そんな時は

自動でソーラー電力からガスに切り替わるように

なっているとのこと。

 

雪の日に、冷水でシャワーを浴びるのは

かなり酷なので、とっても助かったー。^^;

 

タオスのような天気だと、一年のうち1/4くらいは

ガスに自動で切り替わることがあるみたい。

 

他のプライベートなアースシップでは

完全オフグリッドの生活をしたくて

ガスを搭載していない人もいるみたいで

マイケル自身も、将来的には*バイオガスを

もっと取り入れたいとのこと。

 

*排泄物が分解されるとき、嫌気性微生物によって

メタン発酵することで発生するガスのこと。

 

ただ、バイオガスのシステムを組み込むと

アースシップを建てるコストが上がったり

システムのメンテナンスなどの手間も加わるので、

まだ現時点では実現には至っていないのだそう。

 

 

マイケル曰く、ガスの消費量は年間を通しても

かなり少ないし、「生活の快適さ」も大事だから

いろんなことを秤にかけて、今はここでは

ガスも併用しているとのこと。

 

 

ストイックにオフグリッドにこだわることよりも、

自分たちが心地よい範囲でオフグリッドにしてる

マイケルの姿勢が、ちょっと意外であり

同時に、個人的にはとても共感したのでした。^^

 

 

 

1 返信

トラックバック & ピングバック

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です