アースシップへの流れ、再び到来。

 

前回からの続きです。)

 

徳島での2日間にわたる、アースシップの

ワークショップが終わった夜。

 

ともちゃんとゆっくり話す機会があって

そこで、私も彼女も、アメリカの旅といえば

ニューメキシコ州が大好きだという、

これまたびっくり嬉しい共通点が浮上。

 

ともちゃんは、もともとジュエリー関係の仕事を

していたこともあり、サンタフェには何度も

足を運んでいたのだそう。

 

私はというと、ネイティブアメリカンの文化や

ニューメキシコ州やアリゾナ州のにまたがる

あの赤土の大地に、なぜか魂が震えるタイプ。

 

話の中で、ともちゃんは、まだニューメキシコ州にある

実際のアースシップは未体験だったことから、

今度一緒に行けたらいいねぇ、なんていう話をしつつ、

私は徳島から一旦東京に戻り、その翌週には、

常夏のニュージーランドの旅へ。

 

 

帰国してちょっと経った年末あたりに、

ともちゃんからのメールで、とあるお誘いが。

 

 

「ニューメキシコのアースシップに行きたいんだけど

2月あたり、一緒に行かない?

寒い時期に、アースシップの威力を体験したくて。」

 

 

おーーー!! いいねぇーいいねぇーー!!

 

、、、て、2月って、あと1ヶ月ちょっとじゃん!!?

 

 

でも、直感的にピンときた波や流れには、

最終的には、絶対に乗っちゃう私。

 

予想よりも早い展開だけど、今回はなんだか、

大いなる力に導かれているという感覚があったので

予定を調整して、早速フライトチケットをゲット☆

 

 

まさか、5年以上の時を経て、日本からはるばる

アースシップを再び訪れることになるとは、、、。

(しかも今回は真冬に。)

 

人生って、ほんと面白いなぁ〜。^^

 

 

そんなこんなで、あっという間に出発の日が来て

2月の後半から1週間ほど、二人でニューメキシコ州の

タオスへと向かうことになりました。

 

 

出発の前夜、ふとタオスの2月の気温は

どんな感じなんだろう?と調べてみたところ、、、

 

 

マ、マジでーーーーー、、、!?

 

 

 

寒いのが大の苦手な私にとって、この温度は

カラダより先に脳みそが一瞬フリーズ。焦

 

そこそこ寒いんだろう、とは思っていたけれど

−16度という世界は、私の人生では未体験ゾーンなので、

かなりの不安を抱えつつの出発となりました。

 

 

羽田でともちゃんと合流し、サンフランシスコ経由での

ニューメキシコ入りした私たち。

 

アースシップ行きが叶うことに、コンブチャで乾杯〜☆

 

 

ニューメキシコに向かうまでの、ロッキー山脈の雪化粧や

それを超えたところに一面広がる、広大な赤土の大地に

心を躍らせつつ、ニューメキシコのアルバカーキに到着。

 

 

空港からはレンタカーでサンタフェ経由で北上したのだけど

途中、曲がるポイントを間違ってしまったおかげで

昔ターコイズの採掘で栄えた、オールドアメリカンの情緒ある

かのターコイズトレイルも通ることに。

 

 

道路の両脇や遠くの山々には、雪がうっすら積もっていて、

窓を開けると、外からはひんやりと冷たい空気が

車に入ってきて、冬のニューメキシコの静けさを

感じさせてくれました。

 

予定外のターコイズトレイルを経由したことで、

時間は余分にかかってしまったけど、ドライブするには

とっても綺麗な景色だったので、途中で一休みもしたり。

 

 

少し前に、クラウドファンディングも終えて

無事、目標金額が集まったともちゃんの

今の想いも聞きつつ、道中は会話が止まらない二人。

 

なんというか、前世からのご縁みたいなものすら

感じてしまいまして。^^

 

 

だんだん外が暗くなる中、ひたすらドライブを続け、

ようやくタオスの町に着きました。

 

さらにドライブを続け、真っ暗な夜道の中に

「Earthship Biotecture」というサインを発見!!

(暗すぎて、写真は撮れず。)

 

 

日本を出てから、なんだかんだで24時間近くかかって

ようやくアースシップに無事到着〜〜〜!!

 

 

到着を待っていてくれた、アースシップに在住の

アンドレッサが出迎えてくれ、私たちがステイする

Picuris Earthshipへと案内してくれました。

 

 

初めてアースシップのドアを開けた時の

ともちゃんの感動と歓喜の入り混じる第一声。

 

 

「Wow!!! うわぁぁぁぁぁーーーーーーー!!

ここに、、、来たかったんだよぉぉぉぉーーー!!!」

 

 

 

 

大きな夢が、またひとつ叶った夜。

 

 

ともちゃんも私も、長旅の疲れも吹き飛ぶほどの、

嬉しい瞬間でした!

 

 

土や植物たちのいい香りと、暖かい空気に包まれ

私も、またここに戻って来れた感動で

胸がいっぱいに、、、。

 

 

感動と安堵と時差ぼけで、もはや現実感すらも

遠のいていくような、不思議な感覚と共に

この日は眠りにつきました。

 

 

アースシップでの非日常的な日常が、

ここから始まります。

 

(つづく)

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です