バーニングマン 2 ☆バーナー精神とギフト☆

 

さて、バーニングマン初日である月曜日。

 

毎年なら、もう入り口の長蛇の列に巻き込まれつつ

ウキウキしているか

リノのホテルで最後の晩餐を楽しんでいるはずのところ、、、

 

今年は、前日ギリギリまで仕事をしていたので

身支度が全く終わっておらず

月曜はSF市内にて、足りないキャンプ用品や食料などの

買い物をしていました。

 

予定では火曜の早朝に出発の予定だったのですが

思いのほか、月曜は買い物がスムーズに進まず

さらには久々に、私の砂漠用の自転車を

アパートの自転車置き場から引っぱりだしてみたら、、、

 

2年前の砂漠の砂をうっすらと

まとった状態で発見され

見事なまでにタイヤからは空気が抜け

スタンドはビクとも動かず

デコレーションは一部剥がれ

かなりの修理を要することが判明、、、。

 

 

おまけに、出演予定のBurning Man Radioから

届いていたメールに目をやると、、、

 

ターンテーブルもCDJもミキサーも

ラジオ局には常設していないと書かれており

急遽、Radio用に短めのMixをいくつか作って

録音しないといけないという事態に。

 

 

徹夜での準備。

 

準備だけでクラクラする位エネルギーを使うのも

バーニングマンならでは。

 

 

火曜日の朝、うちの彼氏が

筋金入りのバーナーである隣人の

ジョン&タシャ夫妻と外で立ち話をしていたところ

この夫妻は今年は参加しないとのことで

ポータブル発電機や特大タープ

その他、細々した沢山の有り余る砂漠グッズを

ごっそり一式貸して下さいました。

 

 

「万が一何かあって、壊れたり、無くなっちゃっても

気にしないでね。そもそも、これらのほとんどは

何処かから廻って来たものだしさ。

このランプも、去年砂漠のど真ん中で拾ったものだし。」

 

こう言ってくれたジョンはさらに

組み立てが複雑そうな特大タープの組立図を

手書きで丁寧に書いてくれました。

 

現地で簡単に組み立てられるようにと

タープの20本あまりの鉄筋に

ペンキでそれぞれ特定の色を塗っていくという

半日がかりの作業まで

庭先で一人でやってくれていました。

 

ペンキが乾くには、そこからさらに半日かかりましたが

その間に、奥さんのタシャが私の自転車を

新品同様に修理してくれ、うちの彼に借す自転車を

バーニングマン仕様にペイントしてくれていました。

 

最終的なパッキングをしたり

ジョン夫妻と砂漠話で盛り上がっているうちに

火曜もあっという間に夜になってしまったけど

この日の仕事はほどんどジョン夫妻がやってくれた

と言っても過言ではない感じ。

 

私の中では、バーニングマンの十ヶ条にある

「与える」「協力し合う」という精神を

二人からひしひしと感じ、感謝の気持ちで

一杯になった日でした。

(十ヶ条にある「徹底した自立」という

精神はどこへやら。苦笑)

 

 

 

そして深夜近くなり、車に全てを押し込み

やっと出発の体勢が整った時には

すでに準備にエネルギーを使い込んだせいで

私も彼もクタクタに。

 

2時間くらい仮眠をとってから

現地に早朝に着くような時間に出発しようと

パワーナップのつもりで

ほんのちょっと横になったら、、、、

 

 

目が覚めたのが、水曜の朝の6時〜!!

 

 

慌てて起きて顔を洗い、早く出発しようと

外に出ると、、、

 

そこには頭にヘッドライトをつけ

ミニバンにとりつけたバイクラックの状態を

密かに点検してくれているジョンの姿が!

 

日の出前の薄暗い時間から

私達の知らないところで

色々とサポートしてくれていたジョン。

 

「車の中で食べてね」と言って

手作りのサンドイッチをくれたタシャ。

 

真のバーナー精神を砂漠の外で惜しみなく

シェアしてくれて、本当に感謝。

 

 

こうして私たちのバーニングマンの旅は

出発前からすでに始まっていたのでした。

 

 

結局、予定より24時間遅れで

水曜の朝の出発となりましたが

バーニングマンへの出発に関しては

計画通りに進まないというのは

これまでの経験上よくあること。

(むしろ計画通りにいったら奇跡的)

 

ジョンとタシャのおかげで準備も200%出来たから

結果的に大満足。

 

月曜の焦りの気持ちはどこへやら

代わりに満たされた幸せな気持ちと共に

砂漠までのドライブへと出たのでした。

 

道中、ジョン夫妻にどんなお返しをしようかと

色々考えていたのですが

彼らは、普段からバーナー精神のひとつである

「ギフトの精神」と共に生きていて

見返りなんて求めていないわけで。

 

今回は、その彼らが持っていたギフト精神の

バトンをしっかり引き継いで

砂漠で沢山のギフトやサポートをしながら

「与える」というバーナー精神を

周りの人達に大きく循環させよう

という決意に至ったのでした。

 

 

「最初は準備が思うように進まなくて

どうしようかと思ったけど

ジョン夫妻にも大切なことを気づかせてもらえたし

全ては宇宙の計画通り、順調に進んでるんだね〜。」

 

なんて話しつつ、ドライブを続ける中

最新の天気予報を携帯で確認すると

どうやら心配していた例の嵐はなかったことが

判明しました。(ホッ、、、。)

 

その代わりに、ヨセミテやリノの辺りで

勢いよく燃えている山火事の煙が

風に乗ってBlack Rock Cityのほうまで

流れてきているという新情報が載っていて

人生初の「喉の異常を起こす危険あり!」

という警報を見るはめに。

 

あまり気には留めてなかったものの

リノの手前から本格的に視界が灰色になり

興味半分で一瞬開けてしまった窓からは

強烈な臭いが車内に入ってしまい(かなり後悔)

その後しばらくは、頭痛と吐き気に苛まれるという

ハプニングに襲われましたが、砂漠に近づくにつれ

だんだん臭いは収まったので一安心しました。

 

でも、煙のせいで、ドライブ中は青空も見えなければ

いつもなら左手に見えるはずの

ネイティブアメリカンのピラミッドレイクにも

全く気づかず、気分もイマイチ盛り上がらない感じ、、、。

 

バーニングマン

 

「景色がこれじゃあ、いつものワクワク感が

湧いてこないね〜。」

 

なんて車内で話しつつ、ようやく会場に到着。

 

入り口の列は、水曜だったのでとても短く

10分くらいで入れるという快挙。

 

 

「Welcom HOME!! )'( 」

 

 

スタッフから歓迎のハグを受け、その直後には

とあるギフト魂をもった見知らぬ陽気なGuyに

車の窓をノックされ、挨拶がてらギフトを頂いたことで

「おおー!やっぱりここはバーニングマンだーー!」

と、ようやく調子を取り戻せた私。

 

頂いたのは、バーニングマンが元々始まった地

サンフランシスコのBaker Beachで

彼が一つ一つ丁寧に拾ってきたという

滑らかな小石!

 

「バーニングマン精神のリマインダーとして

受け取ってもらえたら嬉しいな。」と彼。

 

バーニングマン

 

こういった微笑ましい意味深ギフト

かなり私のツボをついていて大好きです。笑

 

こうして、この小石を砂漠での「御守り」とし

無事会場入りしたのでした、、、。

 

 

(続く)