シャロムヒュッテでの休日

 

今年に入って、都会で過ごす時間が続いていて

なんだか体の中がくすぶっていた感じが続き

まるで自然欠乏症にでもかかっていたかのような

私ですが、、、

 

少し前に、念願叶って、まだ山頂に雪の残る

長野の北アルプスの麓、安曇野にある

シャロムヒュッテというエコビレッジへ

行ってきました。^^

 

ここは、日本のパーマカルチャー界の

先駆け的な場所なのに、造りも日本っぽくなくて

どこか、ヨーロッパの田舎を思わせるような

とっても素敵なテイスト。

 

Love all,  Serve all.

ピザ窯もバッチリ。

吹き抜けのラウンジ

 

夜は、ゲストもスタッフもみんなで集まって

心のこもったご飯とともに、久々にちゃんとした

Mindful Eating(食べる瞑想)もしました。

 

食べる最初の10分は、誰とも話さず

ただ、その食べ物に感謝して

五感で味わって静かにいただく、、、。

 

食べ物が体に入っていくプロセスを

しっかり見つめる、神聖な時間。

 

 

そのあとは、一人一人の自己紹介タイム。

 

この日は、オーストラリアから、Air B&Bで

ここを見つけたというカップルも来ていました。

 

また、ここの若きスタッフさん達の中にも

過去にNY留学してたり、世界を旅してた人もいたり

さらに、同行した私の友人も、サンフランシスコからの

一時帰国中だったこともあって、予想外に

とってもインターナショナルな夜になりました。^^

 

ゲスト全員が、あっという間に

打ち解けられて、楽しかった〜☆

 

 

こういう所では、夜は早寝するものかと思いきや、、、

 

ここは別に、お寺とかではないので

せっかくだから、お酒でも飲みながら

もう少しみんなで話すのもいいですねぇ〜

というスタッフさんのお声がけで、、、笑

 

夜は、敷地内のレストランに移動して

買ってきたローカルな安曇野の日本酒を

飲みつつに、みんなでワイワイtime。^^

 

やっぱり、こういうフラットなコミュニティ的な

空気感が、昔から好きだなー。

 

 

レストラン内は、とっても落ち着く雰囲気で

いろんな食べ物や生活用品も売られてました。

 

(お酒のつまみに、ナッツやドライフルーツも

ここから調達。笑)

 

 

翌朝は、前の日に降っていた雨も止んでいて、

びっくりするくらいの快晴。

 

スタッフさん達に外を案内してもらいつつ

自然の中で、五感をパーっと全開にして

日光を浴びながら、アーシング・タイム、Yay!!

 

虹色の光が降り注ぐ、清々しい空気。

 

コンポストの中のミミズも生き生きしてる。

土の上を歩くだけで心地よい。

 

雨上がりの朝は、空がとっても綺麗。

 

日光が草木についた露に反射して

瑞々しくきらめいてました。

 

何種類もの自然農のやり方を実践している畑。

小さな森の幼稚園

のびのびと駆け回る、笑顔の子供たち。

モバイルハウスでの、最軽量なライフスタイル。

 

“You have enough.  “

 

「足るを知る」というライフスタイル。

 

普段忘れがちな大切なことを

思い出させてくれる場所。

 

 

朝ごはんも、ゲストとスタッフ全員で一緒に頂いて

そのあと一人一人が軽くチェックインをしました。

 

今朝の「心のお天気」をシェアしあうのが

シャロム流みたい。

 

「今日の心のお天気は、レインボーです☆」

なんて、思わず言う私だったけど

それを受けたみんなの微笑みが

空間に溶け込む、ゆったりとした時間が

なんとも心地よかった〜。

 

 

ご飯のあとは、ゲストも一緒にお皿を洗う

まさに、暮らしながらのステイ。

 

その後、温泉にでも行こうかとしていた矢先

ここの創立者、臼井健二さんと外で会ったので

いろんなお話を伺いました。

 

 

ずっと前から、何世代も先を見つめているような

優しさと鋭さの交差するまっすぐな眼差しが

とっても印象的だった臼井さん。

 

 

 

シャロムというのは、ヘブライ語で

「平和」という意味。

 

(ヒュッテは、ドイツ語で「山小屋」)

 

 

 

今でこそ、パーマカルチャーとか持続可能といった

ライフスタイルは、広がってきているけれど

ここシャロムは、臼井さんがなんと

1979年に始められたそう。

 

当時としては、こういった場所を創るのは

相当アバンギャルドな試みだったのだろうなぁ、、、。

 

 

その後、近くにあった源泉かけながし温泉で

リラックスし、またシャロムにランチしに戻って

ピザ窯で焼かれた菜の花ピザを

満開の桜の下でいただきました☆

 

お代はドネーション制。

のどかな昼下がり。

 

ピザもドリンクも、昨夜のディナーも

ここシャロムでは、ドネーション制でした。

 

 

定価でしかサービスを提供しないシステムとは

また違った経済のOS、ギフトエコノミー。

 

 

経済にも「多様性」があっていい時代。

 

 

私が最近いろんなところで体験している

こういったギフト経済のあり方は

新しいような、それでいて懐かしいような

一言で言うと、心があったかくなる感じ。

 

 

ドネーション制って、慣れるまでは

いくら払おうか戸惑うこともありつつも

だんだん慣れてくると、自分が置きたい金額が

直感で湧いてきたりするのが、また不思議。

 

 

シャロムヒュッテ、一泊二日では

あっという間すぎた感じなので

今度またゆっくりと戻ってきたいです。^^

 

 

 

発見の旅とは、

新しい景色を探すことではない。

 

新しい目を持つことなのだ。

 

ーby マルセル・ブルースト

 

 

 

 

今回、あらためて感じたのは、こういった

ホリスティックな共生ライフに身をおくだけで

私の中で、勝手に自己ヒーリングが起こる

、、、ということ。

 

 

循環。

 

共生。

 

 

こういったものを肌でリアルに感じつつ

「常識」や「当たり前」から自分を開放して

よりホリスティックなライフスタイルを

日常生活の中にももっと取り入れながら

毎日をクリエイトしてゆきたいなぁ。

 

 

Hiromi

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です