湯治と鳴子温泉(2)

前回からの続きです)

 

温泉で身体をあたため、一休みした後は

旅館の離れで行われていた、温泉ビューティー研究家

石井宏子さんのお話会にも参加させてもらいました。

 

最近は、全国あちこちで「新・湯治カルチャー」が

密かにブームになっている模様。

 

温泉に浸かるだけでなく、食養生やヨガ、マッサージ、

農体験、森林浴、コミュニティ的な要素なども合わさるのが、

現代湯治のスタイルで、ここ、大沼旅館さんには、

これらが全部あるのが、ほんとうに素敵。

 

お話を聞きながら、知識ベースで温泉を選ぶのももちろんいいけど、

五感をフルにオープンにしてお湯を感じながら、

自分のスタイルで温泉をもっと楽しみたいなぁと感じました。

 

(左が石井さん、右が大沼さん)

 

 

そして、この日の夜は、食事も特別!

 

 

地域の生産者さんたちがユニットとなって始まった、

新鮮な食材を使った、オードブルならぬ「ノー(農)ドブル」

体験させていただきました!(HPぜひチェックしてみて)

 

 

食材への愛とこだわりの高くて、どのように作ったのか

生産者の方たちが丁寧に説明してくださいます。

 

朝採れトマト、手作りハム&ソーセージ、

ジェラート、天然酵母のパン、、、などを

まずは前菜としていただいたのですが、

どれも絶品すぎて、一口食べるごとに感動!

 

ジェラート日本選手権で準優勝した「なるこりん」さん

 

続いて、ずらりと並んだメインディッシュの説明を聞いて、

それぞれお皿に盛っていきます。

 

玄米を主食として育った新鮮な有精卵、

素材の味がしっかり伝わってくるお野菜料理の数々、

つやつやのお米、ホッとするお味噌汁、、、etc

 

 

お皿によそっていただく時の、作り手の方達との

ちょっとした会話もまた楽しい。^^

 

とっても素敵な里山料理のケータリングで、

心もからだもたっぷり満たされました☆

 

あまりの美味しさに、食べすぎてしまったけど、

うん、良しとしよう。

 

温泉だけでなく、そこに住む方たちからも

たっぷり温かいエネルギーをおすそ分けしてもらい

さらに、もう一度、夜に温泉に浸かり

この日はぐっすりと休みました。

 

現代湯治、良いなぁ、、、☆

 

 

3に続く