パーソナル・サステイナビリティ

 

前回の続きです)

 

私の内側に少しずつ湧き上がってきた、

「自分が自分のリーダーである」という感覚。

 

ここで、今回のワークショップのテーマでもある

リジェネラティブ・リーダーシップというものについて

少し説明してみます。

 

「リジェネラティブ」というのは日本語で言うと

「再生する」という意味の形容詞なのだけど、

新しいエネルギーや生命力が内側から立ち上がる、

そんなニュアンスを含む言葉です。

 

一見、馴染みの薄い言葉に聞こえるかもしれないけど、

自然界の法則は、リジェネラティブそのもの。

 

森の中では、老いた木が倒れると、葉や枝、太い幹が

年月をかけて土に戻り、森の生態系を支える土壌となり、

やがてまたそこから新しい木が育つ。

 

その過程では、他の植物や菌たちが倒木に共生したり、

他の動植物を支えたりしながら、さらに繁栄していく。

 

そこでは、目立った形でのリーダー的存在がいなくとも、

生態系の繁栄に向かって、その多様性を統合するような、

目には見えない「大いなる力」が存在しているようだ。

 

すべての生命の「はじめ」と「おわり」を繋ぎ

生命の再生が繰り返し起こる場として存在する

リジェネラティブな「土壌」。

 

土壌にある受容力、変容力(発酵力)、再生力、

完璧なペース、自然なタイミングでの循環

自然界の全システムとの繋がり・生かし合い、、、。

 

自然界の土台である「土壌」というものから

リーダーシップを学んでみると、どうだろう。

 

ヒエラルキーのトップに立つような支配型リーダーではなく、

繊細かつダイナミックな多様性がうごめく中で、

全ての生命の可能性が最大限に生かされる場を育むような

ファシリテーターのようなリーダー像も見えてくる。

 

今回は、多くのリーダーやアクティビスト達とともに、

これからの時代におけるリーダーシップの在り方そのものを、

「リジェネラティブ」というキーワードと共に探究していきました。

 

 

さて、Bioneersでも持続可能な世界のための様々な取り組みが

沢山シェアされていたけど、こういった素晴らしい活動を進める

リーダーやアクティビストたちの間では、表舞台での活躍の影で

とある共通のジレンマが生まれやすいという。

 

それは、外の世界のサステイナビリティのために活動する中で、

次第に自分自身(内面)のエネルギーが枯渇してしまって、

活動自体がサステイナブルに続けられなくなる、ということ。

 

世界の平和は、自分の内なる平和から始まる、ということは

Bioneersの中で何度も聞いたメッセージ。

 

よりよい地球や社会の未来をつくるための活動というのは、

一過性のプロジェクトもあるけれど、長期的なビジョンをもって

生き方そのものとも結びつけて、継続していくものが多い。

 

そのためにはリーダーや活動家自身が、「内なる持続可能性」を

意識しておくことがとても大切になってくる。

 

まずは、ここに焦点を当てていきます。

 

アンバランスのサインに気付くこと

 

 

リーダーやアクティビスト達は、社会のため、地球のために

情熱的に活動する一方で、世界の問題の大きさを目の当たりにし、

自分の健康状態や家族を顧みず、ますます活動中毒になったり、

何もせずリラックスすることを不快に感じ罪悪感を抱いたり、

燃え尽きて鬱になってしまったりすることもよくあること。

 

自分が枯渇せず、サステイナブルに活動するためには、

「活動のしすぎでバランスを崩してしまっている」という

自分なりの「最初のサイン」に気づくことが第一歩。

 

(例)

・身体からの「休め」のフィードバックが聞こえないとき

・大切な人にフラストレーションをぶつけ続けてしまうとき

・「やることリスト」の奴隷になっているような感じ

・夜もリラックスできないほど神経が興奮しているとき

・ストレスから暴飲暴食になってしまうとき

・時間管理ができず、いつもギリギリになっているとき

・ショッピングやお酒など、何かに依存する形でストレスを発散させてしまうとき

 

ここでまず、自分のパターンを深く探っていきます。

 

 

限りあるエネルギーと時間の使い方のバランスに気づくこと

 

 

私たちは誰もが、自分が打ち込むメインの活動意外にも、

日々、様々な役割や責任を持って生活しています。

 

家族の中での役割、仲間やコミュニティ内での立場、

仕事上の役職や副業ポジション、趣味の世界での自分など、

人によって、その項目の数は様々。

 

ここでは、それぞれの役割や責任を円グラフにして、

どれ程のエネルギーと時間を各項目に費やしているかをみてみます。

 

その際に、それぞれの役割における感情レベルでの重要度も

合わせてみていきます。

 

すると、その円グラフの形から可視化できることも多く、

本当はもっと時間とエネルギーを注ぎたい部分が

置き去りになっていたり、あることに労力をかけ過ぎていたり、

といったことに気づくきっかけとなります。

 

さらに、どうしたら「時間」や「エネルギー」を

大切なことにもっと注げるか、と自分を振り返っていくと、

実はそれらのリソースが、日常にある無意識な習慣のもと

自分にとって大して重要ではないことに奪われている、

ということに気付くことも。

 

「気が散るもの」が世界に増えつづけているこの時代、

このワークをしながら、以下のようなことに気付きました。

(ワークショップ中の自分のメモ)

 

・普段、どんな時に何をして時間やエネルギーを無駄にする傾向があるかを知る

 

・何にどう時間やエネルギーを使っているかをありのままに見て、

どういった活動にエネルギーを費やす(費やさない)か、意図を持つ

 

・人生における自分の優先順位を意識する

 

・一歩下がって、目先の目標から、人生全体のバランスをみて

結果よりもプロセスを重視する

 

 

自分の時間とエネルギーといったリソースは有限。

 

たくさんのプロジェクトを抱えてしまいそうなときには、

今の自分にできることの範囲やペースも意識して、

自分の中の「余白部分」も大切にしていきたいところです。

 

 

セルフケアの方法を知る

 

 

自分の内なるサステイナビリティを支えるためには

普段のエネルギーと時間の使い方を知るだけでなく

自分自身をいたわること(セルフケア)もとても大切。

 

セルフケアといっても、一人でやらないとわけではなく、

自分の心身を養うものであれば、基本的には何でもOK。

 

私自身は、マッサージやボディワークを提供しているけど、

そのように人の手に委ねて身体をケアすることも、

この文脈においては「セルフケア」とします。

 

大切なのは、自分自身への思いやりの視点と、

スローダウンすることを自分に許可すること。

 

(例)

・健康的な食事と、料理する時間

・家族や友達との親密な繋がり

・静かな一人の時間

・リラックスできる空間

・マッサージやボディワーク

・森の中の散歩

・ちょっとしたことをお祝いすること

・瞑想、ヨガ

 

ある程度書き出せたら、これらの要素もまた円グラフにして、

今どのくらい満たされているかチェックしていきます。

 

 

リーダーの「内なる平和」

 

 

ニーナ曰く、ペルーのある先住民の部族においては、

リーダーを決める際、自然界や宇宙からのガイダンス(導き)を

しっかりと受け取れる人、という点が重視されるのだそう。

 

そのようなリーダーの中にある大切な資質というのはおそらく、

「全ての生命の中で生かされている感覚」な気がする。

 

私が思うに、リジェネラティブなリーダーというのは、

目に見えやすい活動そのものや、社会へのインパクトよりも、

土壌レベルで、周りの人たちの繋がりや変容力を育み

新しい現実がこの世に立ち昇る場をしっかりとホールドできる人。

 

一部の人々を中心に、社会に良い変化が起きつつある時、

リーダーの役割は、この変化を社会のメインストリームにまで

押し上げることでもあるんじゃないかな。

 

 

もちろん、新しいやり方や構造的な変化、人々の行動の変化に

抵抗する人たちもたくさんいる。

 

リーダーとして、自分の信念や価値観、立ち位置などを、

勇気を持ってありのままに表明し続けることで起こる

分かり合えなさや痛み、やるせなさ、というものある。

 

 

ニーナ曰く、

「There is peace with sacrifice in leader’s heart.

(リーダーの心には、痛みと共に平和がある)」

 

 

リーダーとしての自分の中に「痛みの感覚」が生じた時こそ、

自分自身をいたわり、内なるサステイナビリティ、すなわち

心の平和という起点に立ち戻ることを、忘れないでいたい。

 

それこそが、外の世界のサステイナビリティを創る上での

エッセンスになるはずだから。

 

 

(つづく)