エサレン訪問記 6

 

エサレン研究所

 

最終日。

 

今日の午前中で

いよいよワークショップも終わり。

 

あっという間の6日目です。

 

軽めの朝食をとった後は

エレンと共にキッチンの中に行き

昨日煮出したハーブウォーターをバケツに移し

クラスメイト数名にも手伝ってもらって

バスハウスまで運びました。

 

バケツに入ったかなり濃い茶色の液体は

見た目とは裏腹にとってもいい香り!

 

 

バスハウスに着くと

まずは海を見下ろす2つのバスタブの

お湯の入れ替え作業をしました。

 

ちなみに、エサレンのお湯は

全て天然温泉で、湯質もいいです。

 

 

一方のバスタブには

新しいお湯と共にリキッドソープを流し込み

フワフワでもっこもこの泡風呂を作りました。

 

もう一方のバスタブには、新しいお湯と共に

茶色のハーブの液体をドバーッと流し込み

さらに色鮮やかなお花達を浮かべて

南国風のハーブバスを作りました。

 

さらに、ボディスクラブ用に

塩と重層を1:1の割合で混ぜたものを

バスタブの外にセッティング。

 

これにて、エサレンスパの完成〜☆

 

 

準備が整ったところで、生徒さん達を呼びます。

 

20名程の、全裸の生徒さん御一行を

まずは、泡風呂へご案内します。

 

あいにく、写真は撮れなかったけど

とっても和気あいあいな光景。

 

かなり濃密な裸の付き合いです。^^

 

 

バスタブの中に詰め寄って座り

泡を投げ合ったりして

皆、モコモコ状態を満喫したあとは

一人ずつ順番に泡風呂から出て

ボディスクラブをします。

 

自分でスクラブしたり

誰かに背中をスクラブしてもらったりして

全身のお肌をツルツルに。

 

その身体についたスクラブを洗い流す役は

クラスメートの一人で、男勝りにかっこいい

ピラティスインストラクターの女性、デール。

 

ホースから凄まじい勢いで出てくる冷水を

一人一人の身体に浴びせながら

「次は誰よ!さあ早くいらっしゃいよ!」

と、全裸で豪快に笑う彼女。

 

皆がキャーキャー叫ぶその光景は

なんというか、、、、裸の拷問?

 

ホースが鞭に見えてしまったのは

私だけじゃないはず。

 

拷問は、ティーチャー達にも容赦なく

行われます。苦笑

 

そしてその先は、お花の浮かぶ天国

ハーブバス。

 

泡風呂から出る気配のない人に対して

 

「早くコンフォートゾーンから出なさいよ!」

 

と、ホースを振り回しながら叫ぶデール。

 

最終的に、全員がデール女史の関門を通過し

ハーブバスでリラックスしました☆

 

 

その後は、いよいよバスハウスにて

最後のマッサージの交換です。

 

みんな、いつになく真剣。

 

いつもなら練習中は、多少の雑談や笑い声

質問なども飛び交いますが、、、

 

今回聞こえてきたのは

相手に丁寧に圧加減を聞く声や

深い深呼吸の音

ティーチャーの優しいハミング

そして、私たちの練習を見守っているかのような

心地よい波の音のみ。

 

 

6日間という短い期間でしたが

皆のマッサージの上達ぶりは

相当なものでした。

 

 

そして、終わった後は全員でグループハグをし

エレンに合わせて、皆でこのフレーズを歌いました。

 

All I ask of you is forever to remember me

as loving you

 

〜私があなたを愛しているということを

永遠に覚えててほしい〜

 

エサレンマッサージ

 

クラスの中でも外でも

沢山の学びのと繋がりのあった

濃い6日間。

 

他の生徒さんたちの心強いサポートのお影で

アシスタントの仕事も楽しく(楽々?)でき

本当に感謝。

 

ここで得た様々な学びを

ゆっくり日常に統合していくプロセスが

今からとっても楽しみです。

 

I’ll be back again, Esalen!

 

エサレン研究所