相手にとっても、自分にとっても、心地よい場所で

 

マッサージとかボディワークをしていると

目の前の人の癒しというのは、実際のところは

セラピストの技術力「以外」のところで

勝手に起こることの方がほとんどな気がします。

 

もちろん、セラピストの愛のある受容共感力とも

大いに関係があるところだけど、個人的には

「空間」のセッティングもとっても大事だと、

思う今日この頃。

 

 

相手が心から安心できる空間。

 

五感が喜ぶ場所。

 

心地よいエネルギーの循環するセッティング。

 

 

この夏も、そんな感じのことを

一番大切にした結果、相手のみならず

自分までが心地よくセッションさせてもらえています。

 

ある時は、葉山の海で、波の音を聞きながら

海風を肌で感じながらのアロマトリートメント。

 

 

空が澄んでいたら、仕事しながら富士山も見えたり。

 

 

先日は、一色海岸であった

「Night Wave -光の波プロジェクト」で

波打ち際が青く照らされるという

幻想的な風景も。

 

 

別の日は、都内でクリスタルボウルの演奏者の方と

エサレン®ボディワークのコラボセッション。

 

 

そして、ある時はギフトスパに来てくださる方への

ペイフォワードのセッション。

 

ギフトスパ

 

ヒーラー友達のCredoちゃんが最初のお客様となって

どんどん輪が続いている最中で

先日は、私のギフト魂の火付け役の一人

ソーヤー海くんも来てくれました。

 

 

最近よく思うこと。

 

 

セラピストは、自分の「心地よさ」のコップに

水が満たされていることが、とっても大切。

 

自分に合わないスタイルで働いていたりすると、

最高のセッションは出来ないというのは

すでに経験済み。苦笑

 

 

 

相手にとっても、自分にとっても

心地よいセッティングを追求する。

 

 

 

これからも、このことをより一層

大事にし続けたいなぁ。

 

 

 

Hiromi

 

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です