完璧を目指すよりも「堂々と」いきましょう。

こんにちは。

Vibrant AvenueのHiromiです。

 

セラピストのための英語講座に関して

これまでは、講座のレポートのみを

ブログで紹介させてもらってたのですが

今日は「日本人と英語」に関して

感じていることを書こうと思います。

 

 

 

これまで、東京の各地で講座をしてきて

思ったのは、やっぱり日本の人は

完璧な英語を話そうとして

逆に緊張して話せなくなるということが

結構あるかな〜ということ。

 

アメリカに住んでいた時は

中国人とかメキシカンの人なんて

Broken Englishでも堂々としていたのにな。

 

 

私も、講座ではできるだけ正確に

ニュアンスが伝わるように

心がけていますが、、、

 

みなさんが、いざ海外の方を接客する時は

言いたい単語の羅列だけでも

相手に伝わりさえすれば、十分OK!

 

完璧に話すことを目指して萎縮するよりも

ちょっとくらい間違っていいから

堂々といきましょうよ☆

 

 

そうそう、去年、銀座のサロン

「なごみや」さんのところで

英語講座をやらせていただいた時に

社長の伊澤さんも、接客の会話は

SOUL(ハート)を使えって言っていました。

(同感です〜!)

 

で、その日の講座の冒頭に、伊澤さんが

サロンスタッフや私たち講師に

シェアしてくれた動画が、こちら。

(以前シェアするの忘れてました^^;)

 

大リーグで活躍している川崎選手の

動画です。

 

もうね、皆さん勇気をもらえること

間違いなしです!

 

 

ね! 勇気湧いたでしょう☆

 

彼の「自分軸」の安定感、ハンパないですね。笑

 

完璧に話せないことを前面に出した

超愛されキャラです!

 

これを見ていると、自分の意識の中の何かが

ガラッと変わる方も結構いるのでは?

 

ハートでのコミュニケーションをすれば

相手とは言葉を超えて繋がる。^^

 

 

でも、それだと、セラピストのための英語講座の

意味がないじゃん、、、

 

と思われるかもしれませんね。

 

実は、講座では、自分の言いたいことだけでなく

接客の際に、海外のお客様がよく使う

「感覚」や「痛みの種類」を表す言葉も

たくさん織り込んでいるのがポイント。

 

というのも、自分が何か聞いた時に

相手の返事の意味がわからなくては

ちょっと焦ってしまいますからね。

 

あとは、コミュニケーションの際の

文化の違いとかも紹介してます。

 

 

今、英語講座のベーシック編をやったので

この春は、アドバンス編も募集しますね。

(ベーシック編を取った方限定です)

 

また詳細は、決まり次第お伝えします。

 

引き続き、よろしくお願いします〜☆

 

Hiromi