潜在意識と私

こんにちは。

Vibrant AvenueのHiromiです。

 

前回の記事の続きです。

 

のりこさんからの第一回目のセッションで

浮かび上がった私のテーマは

【自己価値】【グラウンディング】

そして【楽に生きること】でした。

 

 

後に続くキネシ上級講座でも

言われたことなのですが、、、

 

「自己価値」や「グラウンディング」

そして「自己愛」といった要素は

キネシオロジストにとって

(いや、誰にとっても)

根本的な土台となる部分です。

 

ということで、第一回目のセッションでは

まずはこの土台をしっかり調整してもらうことに。

 

テーマが判明すると、それに伴って続々と

潜在意識下にあった色々な情報が

筋肉反射テストによって表面に上がってきます。

 

ちなみに、のりこさんの筋肉反射テストは

びっくりするくらい超高速で

セッションの開始と同時に

私の生体情報がかなりのスピードで

スキャンされている感じでした。

 

最近は、NESを始めとする

様々なボディーフィールド分析機器が

世に出回り、エネルギー医療の分野も

めざましく発展してきています。

 

一方で、のりこさんのキネシオロジーは

職人的なアナログセッション。

 

しかもどこまでも深遠、かつ精密でいて

そして機械にはない愛や温かみまでもが

のりこさんの手や瞳を通して伝わってきました。

 

 

前置きはさておき。

 

今回選ばれたテーマに関して

スキャンリストと筋肉反射テストを使って

潜在意識から挙がってきた問題は

ざっとこんな感じでした。

 

 

 

いいですか、、、

 

 

書いちゃいますよ、、、

 

 

気が変わる前に、、、

 

 

えいぃぃっ!!!

 

 

責任感、正義感、完璧主義

自由でいたい、ドラマ中毒

達観する癖(まあいっかと流す)

いつも頑張らなければと思う

安心感・安定感の欠如

人からの影響を受けやすい

自分の方向性がわからない

 

 

はい、でました〜〜〜〜!!!

なかなか手強そうなものが次々と。

 

「意外ね〜。パッと見はそんな風に

見えないんだけどねぇ〜」

とのりこさん。

 

しかも、これはまだ初日です。

二日目以降もまだまだあるんです。^^;

 

これらは、スキャンリストから

私の身体が【問題】であると

反応したものです。

 

 

もうとっくの昔に手放していると思ってたものも

まだ根深く残っている様子、、、。

 

例えば、「責任感」一つとっても

通常は悪いものには思えませんが

これがなぜ【問題】になるかというと

それが強すぎて、潜在意識下において

ストレスになっているから。

 

ということで、この日の目標は、、、

 

「しっかりとグラウンディングし

楽に生きます」

 

となりました。

 

これは、あとでキネシ上級クラスでも

習ったことなのですが、のりこ流は

他のキネシオロジーとは違い

本人の口からでた言葉を使って

目標を決めるということをしません。

 

目標設定は全て、筋肉反射テストと

セラピストの洞察力にかかっています。

 

 

そして、セッションが進んでいく中で

このテーマにまつわるプロトコルが

上がってきました。

 

*ここでいう「プロトコル」とは

その人の潜在意識でせっせと働いている

プログラムのようなものと捉えてもらえたら。

(ちょっと語弊がありますが)

 

 

通常、創始者マチルダのIHのやり方では

一回のセッションにつき、扱うプロトコルは

一つなのですが、のりこ流キネシは違います。

関連するものは全てまとめて扱う姿勢です。

 

複数プロトコルを取り扱うというのは

巷の噂で聞いておりましたが、、、

 

今回出たプロトコルは、、、

(マニアックな内容ですがお許しを〜)

 

インナーチャイルド

扁桃体

青写真

エネルギーコード

魂の統合

サバイバル:抑圧/セカンダリーゲイン

記憶の部屋

 

きゃーーっ 見事に7つも!!

これは私にとって超衝撃でした!

 

 

 

そして、一つ一つのプロトコルに対して

それに関わっている年齢を筋肉反射テストで

探っていきながら、また深いレベルで

情報を拾っていきます。

 

例えば、青写真に関する部分では

脳の中でも特に「脳幹」における

原始反射の問題なども出てきました。

(原始反射については、追ってまた

別のページで書こうと思います)

 

脳の調整は、のりこさんがお得意なところ。

ここまで脳の問題を扱ってもらったことは

これまで私が受けたキネシオロジーの

セッションでは無かったと思います。

 

私の生体情報をザクザク挙げつつも

のりこさんから見て、イマイチ何のことか

分からないキーワードが上がってきたり

年齢退行するときなどは(何度もね)

私に直接話を聞き、そこからの情報が

さらに足されていきました。

 

もうね、隠すことは何もございませぬ!

といった、サレンダー状態で臨んだセッション。

 

最終的にはチューニングフォーク(音叉)で

エネルギーを調整してもらいました!

 

特に、原始反射の統合においては

脳のためのチューニングフォークを

頭蓋骨にかなり当ててもらったのですが

その光景はまるで、メスを使わない

脳の手術のようでした。

(でも振動がとても気持ち良かった〜^^)

 

約3時間に及ぶセッションだったのですが

何せ、内容がもう濃すぎて濃すぎて

終わったあとは、デトックスのせいか

やたらと睡魔に襲われまくりだった私でした、、、。

 

 

続く

 

 

Hiromi