キネシオロジーとの出会い

 

ディープゼミLA

 

「LAに、Dr. 本間っていう

凄いカイロプラクターがいるらしいよ!」

 

この噂を聞いたのが、かれこれ10年くらい前。

 

葉山の海の家で働いていた時に

海外のマニアックなヒーリングに詳しそうな

とある美魔女風のお客さんから

これを聞きました。

 

彼女曰く、この「Dr. 本間」はLAに在住で

アメリカのカイロプラクティック・ドクター。

 

身体のメカニズム以外にも、身体と心の繋がり

中医学の経絡や陰陽五行説、潜在意識、言霊

宇宙の法則などを全て網羅し体系化した

<何とか>っていう名前のヒーリングをやっていて

施術を受けた人々は皆、その場で変容してしまうのだとか。

 

そして、ヒーリングをもっと探究したいなら

ぜひこの人に会うといいよ、と。

 

 

へーーーー、凄そうだなぁ〜!!

 

森羅万象に基づいて、その場で変容かぁ。

 

 

当時の私は、気になるヒーリング情報を得ては

その方達のセッションを受けにいくのが

趣味(?)だったのですが、大学生だったので

さすがにその為にLAまで行くのはちょっと遠く

その時は、「Dr. 本間」の名前のみを

頭の片隅に入れておいたのでした。

 

 

時は流れ、その後、SFに移住したのですが

それからさらに3年後の夏に、とある知人から

ベイエリア在住でオーストリア人のシルビアという

ヒーラーを勧められたときのこと。

 

当時、身近な人のアルコール・薬物依存の問題で

ストレスまみれだった私は、さっそく

彼女のセッションに通うことになったのでした。

 

スピリチュアル且つ、サイキック能力もあるらしいという

彼女のセッションでは、毎回、魂の深いレベルでの癒しが

起こりました。

 

 

彼女のセッションのあとはいつも

自分でもはっきりと分かるくらいに

肚(はら)の底から声が湧き

地球の中心と繋がるようにグラウンディングし

内側から湧いてくるエネルギーで温かくなり

自分の原点に戻ってきたような感覚が

しっかりと感じられていたのでした。

 

 

ある日、ふとシルビアに

これは何というヒーリングなのか聞いたら

キネシオロジーをベースとし、他にも色んな手法が

混ざっているの、との返答。

 

そして彼女の口から、まさかのこの言葉が。

 

「今度、LAにいる日本人の Dr. 本間 と一緒に

ワークショップをやるから、興味があったら

あなたも受けにきたらどう?」

 

 

またしても聞いてしまった、そのお名前!

 

 

この時ばかりはさすがに、目に見えない

宇宙のお導きのような力を感じ

将来この「Dr. 本間」という方とは

間違いなくお会いすることになるだろう

、、、という確信を持った私。

 

 

家に帰って早速、彼のウェブサイトをチェックしたら

LAで、22日間のキネシオロジーのワークショップを

やっていることが判明。

 

そしてそこには、彼のキネシオロジーに対する見解が

載っていました。

 

 

HSKキネシオロジー(Health Support Kinesiology)は

一人の人間の全体(からだ・こころ)を癒す芸術であり

科学であり、健康法です。

 

ストレス、トラウマ、病気、怪我

痛みを癒すばかりではなく

その予防と究極の健康を目指す教育に

力を注いでいます。

 

キネシオロジーを体験しながら学ぶ事で

一人一人の中にある痛みや苦しみを開放し

本来の自分自身に気がつき

本当に自分がやりたい事を実現していきます。

 

HSKキネシオロジーは、自分の身体で実際に

キネシオロジーを体験する事で

癒し・感動・気づき・喜び・開放感

パワー・潜在能力を学びます。

 

一人一人が、最もシンプルで最も効果的な

キネシオロジーの体験と学びをもとに

自分の人生を創造していきます。

 

 

これを読んだ時点ですでに

このキネシオロジーに興味津々に。

 

さらに読み進めると、ワークショップについて

こんなことも書かれていました。

 

 

身体のエネルギーを体感できます。

 

潜在意識に気がつきます。

 

身体の声を聞くことができます。

 

本当の自分が分かるようになってきます。

 

身体とこころのつながりがよく分かります。

 

キネシオロジーが日常生活の中で

身近なものと理解できます。

 

 

どうやら、サイキック能力など特にない私でも

学べそうな内容。

 

キネシオロジー、学んでみたい、、、!

 

 

そもそも私がSFに住みはじめた動機の一つには

アメリカ、特に西海岸辺りで盛んな

西洋と東洋の手法が融合したヒーリングや

ソマティック系のセラピーを体験することによって

身体と心の繋がりをもっと探究したかったから。

 

キネシオロジーはそれに加えて

最近の私が一番興味を持っている

「潜在意識」についても学べそう。

 

 

ピンときてしまった。

 

 

このワークショップを受けることを強く決意するも

仕事の都合で、まとまった長期休暇がなかなか取れず

クラブや音楽漬けの日々を送っているうちに

さらに数年という月日が流れてしまったのですが、、、

 

このワークショップをとりたいという情熱は

決して忘れ去られることなく

今年の秋になってようやく

時間と心の準備が整いました。

 

 

人生で起こることや学びのプロセスというのは

全て、自分に最適なタイミングでやってくる、と

精神世界ではよく言われます。

 

 

こうして、未知の世界の扉を開ける喜びを胸に抱き

ついにLAへ旅立つこととなった私。

 

そして、そこでの22日間ワークショップでは

予想をはるかに超えた、沢山の発見と学びが

待っていたのでした、、、。

 

Flight