インテグレート・ヒーリングへの扉

 

サンフランシスコ

 

NYからSFに帰ってきて、早一ヶ月ちょっと。

 

見慣れているはずの空や風景、日常のアレコレが

なんだかこれまでと違った風に感じられるという

不思議な感覚と共に、新鮮な毎日を過ごしています。

 

一体いつまで、この感覚が続くのかなぁと

思っていたのですが、、、

 

どうも、一ヶ月経っても消えないので

これはどうやら、私の意識の奥で何かが変わった

と言っても過言ではないのかも。

 

 

実は、先日のNYトリップの目的は

とあるヒーリングのワークショップを

とることだったのですが、、、

 

これがもう、、、

 

私の心を揺さぶるものだったのです!!

 

 

そのワークショップとは、

最先端のキネシオロジーとも言われている

Integrated Healing(インテグレート・ヒーリング)。

 

 

昨年末のLAでのDeepゼミがきっかけとなり

筋肉反射テストによって潜在意識にアクセスする

キネシオロジーというものに、とても興味をもった私。

 

この探究心は、その後も続くことになりました。

 

 

今回のインテグレート・ヒーリング(略してIH)は

事前にセッションを受けたことはなかったのですが

このヒーリングをネット上で偶然知った時

直観的にこれだ!と思いました。

 

 

ま、宇宙的には偶然ではないのでしょうが。笑

 

 

 

自分が意識していないレベルで

興味のある様々な物事が

日々私のアンテナにキャッチされている模様。

 

 

 

ということで、迷わずこのコースへの参加を決め

ワークショップを楽しみに待っていた私。

 

講師を務めるのは、イギリス在住の

Mathilda Van Dyk(マチルダ)。

 

笑顔が素敵で、大きな愛と情熱をもった

素晴らしい先生でした。

 

臨床心理学のバックグラウンドを持つと共に

ライフコーチとしても活躍し

NLPやヒプノセラピー、自然療法、東洋医学などにも

精通している彼女。

 

そんな彼女は昔、自分の怪我が元で

初めてキネシオロジーのセッションを受け

その成果に感銘を受けたらしく

その後、世界中で様々なキネシオロジーを学んだ後

このIHを体系化し、普及させることになったらしい。

 

インテグレートヒーリング

 

コースはなんと、朝の9時からだったので

最初、起きれるかな〜と心配していたのですが

そんな心配も無用でした。

 

毎日の授業が本当に素晴らしく

目から鱗の連続だったので

朝起きた時からすでに、その日の授業が待ち遠しい!

 

会場までストリートを歩いているときも

人生のこのタイミングで、このNYでのコースに

参加できている嬉しさから

思わず涙腺が緩みそうにさえなることも、、、。

 

グラフィティ

 

大学時代から今に至るまで

自分で色々学んできたヒーリングや

最近学び始めたキネシオロジー

はたまた量子力学に関する知識の断片が

コースが進むにつれて、点が線で繋がるどころか

その線が美しい幾何学模様を描いていくかの如く

見事に統合されていったのでした。

 

同時に、これまで長い間、自分の中で

疑問に思っていた数々のことも

このワークショップで少しずつ解けていきました。

 

コース修了後は、嬉しさでいっぱいだったのですが

一ヶ月たった今でも、その新鮮な感覚が

収まっていません。笑

 

 

ということで、このIntegrated Healing

これから少しずつブログでシェアして

いきたいと思います。