セラピストのための英語講座(8/26)受付中☆

こんにちは。

Vibrant Avenueの広海です。

 

さて、今日は日本国内でもなかなかレアな

セラピスト用ワークショップのご案内です。

 

スパやサロンで突然、海外からのお客様に当たって

言いたいことが思うように言えず

マッサージ中も緊張してしまった経験のある方。

 

これから、海外のホテルやスパで働いてみたいな〜と

思っている方。

 

 

 

お待たせしました!!

 

 

 

「セラピストのための英語講座」

(クリックするとリンクに飛びます)

 

セラピストのための英語講座

 

気になるなぁ〜! でも正直、英語なんて苦手だし、、、

と心配している方。

 

 

大丈夫!!

 

 

その苦手意識、講座が終わる頃には

どこかに行っていると思います☆

 

このワークショップ、なんて言ったって

「楽しく」学んでもらうことに

一番ポイントを置いていますから。^^

 

 

学生の頃の英語の授業って、なんだか退屈でしたよね。

 

そもそも、読まされる文章の内容そのものに

これといって興味を持てないものが多かった方も

結構いらっしゃるのではないかな、と思います。

 

でも今回は、マッサージに関する英語です。

 

 

好きこそものの上手なれ。

 

 

しかも、少人数で、一人一人の質問にも

丁寧に答えながら進めていきますので

安心して参加いただけます。

 

よく考えたら、英語のできる人はおそらく

ワークショップとらなくても

自分で色々言い方を考えて、接客できますよね。

 

なので、このワークショップはむしろ

英語が初心者レベルのセラピストさん達のために

分かりやすくお伝えしたいと思って作ってみました。

 

中学校レベルの英語で止まってるけど

マッサージ中に使える接客フレーズを

パッケージで一度に学べたら、、、と思っている

向上心の高いセラピストさんたちに

是非来てもらえたら、と思っています!

 

もちろん、英語がわりと得意な方も大歓迎。

 

教科書やオンラインで学ぶのとは違い

その場で色々と質問できるというのも

参加者さんだけの大きな特典ですね。

 

自分だけのオリジナルメニューがある方や

特定のお客様に対して言いたいフレーズなども

その場で、私たちができる限りお答えします!

 

授業中でも、休憩時間でも、後日のメールでも

どんどん私たちを捕まえて、色々聞いてくださいませ^^

 

 

また、英語のフレーズ以外にも

海外のお客様を接客する際の

文化の違いなども合わせてお伝えしますので

英語以外にも色々な収穫があると思います。

 

この、接客中の文化の違いという点は

私達がアメリカで色々な失敗と反省を重ねながら

長年かけて体得してきた、生きた知恵。

 

「海外でのリアルな接客経験」から生まれた講座なので

ただ英語が得意な先生が教えるコースや

外国人の英語の先生が教えるコースなどとは

一味も二味も違うかと思います。

 

(テキストの目次です)

 

これで、サロンで海外のお客様に

突然英語で接客しないといけなくなっても

慌てず、堂々と自信を持っていただけると思います。

 

 

前回のワークショップ後のアンケートでは

「今度海外からのお客様に当たったら

進んで接客してみたいですか?」という質問に

ほぼ全員「はい」に丸が付いていました◎

 

英語で接客できると、世界がググッと広がりますね。

 

セラピストのための英語講座

(前回の様子。和やかムードですが、真剣です!)

 

今回募集しているのは、ベーシックコース。

都内にて、少人数で行います。(10時〜5時まで)

 

この機会に、向上心の高いセラピスト仲間の一緒に

インターナショナルなセラピストを目指してみませんか?

 

 

皆様にお会いできるのを、楽しみにしています!

 

それでは、Have a wonderful day~!!

 

 

Hiromi